マスコミ紹介

2017年10月16日

朝日新聞 北海道版に、 NIKI Hillsヴィレッジ総支配人 舟津圭三登場

10月16日付「朝日新聞」朝刊 北海道版にて、NIKI Hills総支配人・舟津圭三が大きく取り上げられました。
掲載は27面ですが、1面にも告知が載っており、記事への誘導がされています。

 

20171016asahi

 

朝日新聞の記事にもあるように、NIKI Hillsヴィレッジの舟津圭三は、1989年~1990年の220日をかけて、世界ではじめて犬ぞりで南極大陸を横断した冒険家の一人として朝日スポーツ賞を受賞しました。(↓)

 

舟津圭三

 

南極大陸横断後はアラスカのフェアバンクスに拠点を移し、アラスカの大自然の中で自給自足に近い生活をしながら、ユーコンなどの犬ぞりレースの賞金や極地でのガイドで生計を立てていました。(↓)

 

funatsu-alaska

 

2014年6月石川和則とデナリを登頂した際「ワイナリーを建設して地域を活性化させていきたい。青少年に冒険心を伝えていきたい。手伝ってもらえないか」というオファーに賛同した舟津は、2015年5月より仁木町に移住。北海道の開拓民のようにNIKI Hillsヴィレッジ敷地内の耕作放棄地や森を開拓しながら、農業やワイン造りに従事しています。
2017年8月には、一般社団法人DAC未来サポート文化事業団が主催する「親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」優秀賞受賞者とその親子をNIKI Hillsに招いてホースロギング体験をはじめとした自然体験を開催しました。スキーや雪中キャンプ、犬ぞり体験といった本格的な活動はまだ先になりそうですが、C.W.ニコルのアファンの森との提携なども進んでおります。舟津の夢である自然学校設立を楽しみにお待ちください。(↓)

 

funatsu-forest

Copyright © 2017 NIKI Hills Village Co., Ltd. All rights reserved.