MAP

園内マップ

建造物

醸造所
2015年9月醸造所外観撮影
醸造所
2016年7月醸造所樽庫撮影
2016年7月工事現場
2016年7月工事現場撮影

ワイン醸造所・地下ワイン貯蔵庫・レストラン・研修所

【ワイン醸造所】
余市・仁木町地区のブドウで生産されたブドウだけを使い、搾汁、発酵から熟成、瓶詰まで一貫して行うことで、仁木の風土から生まれたワインをお客様に提供する醸造所が2015年10月に完成。
2020年にはNIKI Hillsで獲れたブドウだけを使ったワインが楽しめるようになる予定です。
【地下ワイン貯蔵庫】
地下にワイン熟成蔵を併設し、一般にも公開し、テイスティングしていただけるようになります。2016年11月完成。
【研修所】
次代の余市・仁木町をつくっていくために、研修所を建設。2018年夏完成予定。
【レストラン】
余市・仁木町は豊かな自然に恵まれ、この土地で誠実に農業に励む人たちが大勢います。
そして愛情のこもった美味しい果物や野菜が生まれます。
「地元の農家さんが愛情を込めて作った美味しい果物や野菜をより多くの方に知ってもらいたい」という真心を込めて地元産の食材を使った料理をご提供していけるレストランを建設します。旭台の丘の上から、仁木・余市の町並み、見渡す限り広がるワインぶどう畑とナチュラルガーデンの大パノラマを眺めながらのひとときは何物にも替え難い時間となるでしょう。(2018年夏完成予定)

ページの先頭へ

カフェ

駐車所付のカフェを2018年夏にオープンします。
NIKI Hillsでとれた農作物を使ったジャムなども販売いたします。

ページの先頭へ

ゲート

NIKI Hillsヴィレッジへの入口となります。

ページの先頭へ

駐車場
2015年6月駐車場予定地撮影

駐車場

現在斜面となっていますが、ここに駐車場を建設します。
駐車場のまわりには、季節折々の花を植え、車を降りた瞬間から目を楽しませてくれるようになります。(2018年5月完成予定)

ページの先頭へ

果樹園

ワイン用ブドウ園
2016年10月第一期ワイン用ブドウ園撮影
ワイン用ブドウ園
2016年10月第二期ワイン用ブドウ園予定地撮影

ワイン用ブドウ園

仁木の街並みが見下ろせる丘陵地、その7万2000坪の土地にワイナリーを作ります。
この土地は水はけが良く、東・南斜面の土地となっており、糖度の高いブドウを作る条件が整っています。
この理想の土地でピノ・ノワールやシャルドネといった赤や白ワインを代表する品種を植え付け、さらに北海道の気候に適したドイツ系のケルナーやリンベルガーなどを育てていきます。
第一期ワイン用ブドウ苗は、すでに1万本を購入済。2015年度は土壌をしっかりとつくり、2016年5月、雪解けを待って、植え付けを始めます。
2017年、2018年と3期に分けて、1万本ずつ増やしていく予定です。

ページの先頭へ

リンゴ園
2015年9月撮影

リンゴ園

NHK大河ドラマで紹介されていたように、日本のリンゴ栽培は隣町の余市町から始まりました。
これ以降仁木町、余市町は北海道一のりんご産地へと歩み始めるのですが、NIKI Hillsの丘では、120年前に開墾され植えられたリンゴの木が今も生きています。
もちろん味も香りも歴史も豊かな一級品。このリンゴ農園を引き継ぎ、新しいリンゴの歴史をつくっていきます。

ページの先頭へ

サクランボ園
2015年6月撮影

サクランボ園

仁木町は名実ともに北海道一のさくらんぼの産地。6月中旬から8月初旬までがサクランボの季節となります。
景観を大切にしたいNIKI Hillsファームでは、雨よけのビニールハウスをつけておりません。
7月以降に獲れるサクランボは、天然のジャムに加工し、出荷していく予定です。

ページの先頭へ

食用ブドウ園
2016年7月撮影

食用ブドウ園

仁木町はワイン用ブドウだけではなく、食用ブドウに冠しても北海道で有数の産地です。NIKI Hillsも多くの食用ブドウが栽培されていましたが、ワイナリー建設計画により、大部分はワイン用ブドウに植え替えることになりました。
それでも食用ブドウ園は残し、訪問いただいた皆さんに楽しんでもらいたいと思っています。
完熟して食べごろになるのは8月下旬から10月にかけて。生食用だけではなく、ジャムなどに加工して出荷していきます。

ページの先頭へ

食用梅園
2015年5月撮影

食用梅園

仁木町では、桜よりも遅い5月~6月に梅が開花します。
収穫された梅の実は、梅酒や梅ジュース、梅干しに加工して出荷していきます。

ページの先頭へ

ガーデン

ナチュラルガーデン
2016年10月ガーデン造成工事撮影

ナチュラルガーデン

NIKI Hillsは、周辺の山々をはじめ余市湾、仁木の町並みが望める景観の素晴らしい高台の丘にあります。
この四季折々の風景に調和するナチュラルガーデンの造園を、2016年夏から着工します。
広さは、国内最大級を誇る1万坪を超える予定です。
いつ来ても色々な表情をもち、人々を感動させられる場所。いつ来ても変わらぬ居心地のいい快適な癒し空間を作っていきたいと思います。

ページの先頭へ

北のガーデン
ガーデンイメージ

北のガーデン

宿根草と花木の組み合わせが美しいガーデンのスペシャルゲスト用宿泊施設を建設し、まわりの庭に北国の気候に合う品種の花を植えます。

ページの先頭へ

ウッドランド

NIKI Hillsの森

NIKI Hillsの森

アファンの森財団理事長C.W.ニコル氏監修により、敷地の西端の広大な森林を大切に手入れすることで、多様な動植物や野鳥、昆虫などが棲息できる豊かな森に再生していきます。昔から、森は人に安らぎを与えるといわれています。散策すれば、心もからだも健康になるような森…これまでC.W.ニコルは、長野県黒姫の「アファンの森」をはじめ、被災した宮城県東松島市での活動を通じて、多くの子どもたちの心をも元気にすることでそのことを証明してきました。
NIKI Hillsの森は、きっと皆さんにストレスフリーの場を提供できると考えております。

ページの先頭へ

森の物見台(サンセットハウス)
2015年6月森の物見台予定地撮影

森の物見台(サンセットハウス)

NIKI Hillsの森から仁木の山々を一望できる夕陽を見ることのできるサンセットハウスです。
ツリーハウスをつくり、軽食をとれるようにしたいと考えています。(2016年10月完成予定)

ページの先頭へ

Copyright © 2017 NIKI Hills Village Co., Ltd. All rights reserved.